2008年06月22日

頓珍漢なこと

朝日新聞は,最近における死刑執行について6月18日の夕刊1面のコラム「素粒子」で,鳩山法相を「永世死刑執行人」や「死に神」などと書いたそうです。これに対して,鳩山邦夫法務大臣は6月20日の閣議後の記者会見で,朝日新聞の報道への不快感を示したとか。死刑存置のの是非はおいといて,まぁ一応公人なので批判されることがあるのはやむを得ないのでしょうね。

<抗議>朝日コラムの「死に神」に1800件(毎日新聞)
法律に従っているだけなのにってのが抗議の主な内容みたいですが,これで宣伝広告をビジネスモデルとしている新聞社としてはホクホクなのかもしれません。なにしろ抗議を受けた朝日新聞は「特にコメントはありません」とか。

リサイクル業者を装って新聞の契約をさせる勧誘員を使うとか崩壊しつつある新聞社に対して,暇にまかせて抗議をした頓珍漢な人たちは朝日新聞コラムの宣伝に一役買ってご苦労さまでした。m(__)mペコリ

ホントに何とかしたければ,
3大保守新聞への廃刊運動が勃発、出稿企業には一斉抗議電話 - 韓国牛肉問題
くらいにならないと。そういえば,最近は日本も変わりつつあるのかなぁと言うことがありました。後期高齢者医療制度で各地でデモがあったりしているのですね。

新聞が崩壊していると例としては,
毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信(J-CASTニュース)
毎日新聞英語版 「変態ニュース」コーナー閉鎖(J-CASTニュース)
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎるというまとめサイトができますね。外国人の日本人観ってはこんなものなのかぁ。読んでいて頓珍漢なことがたくさん書いてあって面白いです。(笑)

そうそう,新聞の勧誘問題っては特定商取引法の指定商品になって長い(規制しなければならないほどの悪質商法というお墨付きがあるのと同じです)ですが,
訪問販売の自浄努力策を発表=特商法改正に対応−日本新聞協会(時事通信)
新聞協会が「訪問販売」の自浄努力具体策を発表(読売新聞)
相変わらず,自分たちに都合がいいことしか書かないですね。いままでも効果がないのだからこれからもトラブルが続きますよ。「新聞セールスインフォメーションセンター」なるものには何の権限も与えられていないので,どんどん消費者センターに苦情を言いましょう。こちらの方が解決が早いです。

posted by まったりな。 at 22:56 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック