2008年08月07日

バス乗客頭部切断事件


カナダ西部の平原を走行中の長距離バス内で男性が刺殺され頭部を切断された事件で,計画性のない殺人の罪に問われている容疑者の公判で,容疑者が被害者の人肉を食べた上・鼻・唇・耳をポケットに入れていたことが明らかとなった。

この事件は前月30日,カナダ西部エドモントンからウィニペグに向かう長距離バスがウィニペグの西約90キロの地点にさしかかったとき,被告が突然隣の席で眠っていた被害者を大型ナイフでめった刺しにしたものです。

posted by まったりな。 at 12:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック