2008年08月22日

迷子の赤ちゃんクジラ,衰弱のため安楽死


オーストラリアの国立公園・野生動物局は,ヨットを母親と勘違いしてシドニー付近のピットウォーター湾に迷い込んだザトウクジラの赤ちゃん・コリンを安楽死させた。

赤ちゃんクジラは通常は毎日230リットルの母乳を必要とする。ほかに選択肢はなかったことから「苦しみを長引かせるよりは」と,安楽死処分を決断した。ちょっとかわいそうですが,どうにもできないことからやむを得ないか。

posted by まったりな。 at 12:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック