2008年12月17日

米FRB,FF金利0.0-0.25%に NY株は急騰


米連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board,FRB)は連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee,FOMC)を開き,主要な政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の1.0%から、年0.0-0.25%に引き下げることを決定したそうです。

さらに量的緩和の検討も表明したことを歓迎して急騰し,ダウ工業株30種平均は前日終値比359.61ドル高の8924.14ドルと高値で引け,ナスダック総合指数も81.55ポイント高の1589.89と急反発してます。 

タグ:FOMC
posted by まったりな。 at 08:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック