2009年02月21日

女人天下を144話まで見た。

無料だから見始めた女人天下を144話まで見ました。尹殷輔(ユン・ウンボ)判書が請願した希楽堂大監(金安老,キム・アンロ)は禁府にとらわれ,中宗(李氏朝鮮の第11代国王)を尋問します。結局のところ,熙嬪(ヒビン)洪氏にも裏切られ,絶島に追放され後に賜死となります。希楽堂一味の臣下も官職を剥奪され幽閉されることになります。相変わらず,イム・ベクリョンはウロウロしていますが,一方,チャン・デインは判府事大監(尹任・ユン・イム)に賄賂を送って明国に買えることになりました。

今度は,判府事大監が率いる大尹派(王世子(李氏朝鮮の第12代国王・仁宗)派)と尹元衡(ユン・ウォニョン)が率いる小尹派(王妃派)に分かれて抗争するわけですが今は小康状態です。このドラマは裏切りとか陥れたりとか暗い話しが多いなぁ。この合間を利用するつもりなのか鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は正妻金氏の追い出しを図ります。しかし,今回は文定王后尹氏にそんなことをしないように釘を刺されます。でもナンジョンは全く止めるつもりはないようです。
女人天下 DVD-BOX1

韓国三大妖婦のひとり,チョン・ナンジョンの波乱の人生を描く。韓国で最高視聴率50.4%の宮廷歴史超大作が遂に上陸!

そうこうしているうちに,イム・ベクリョンは科挙に壮元及第して,弘文館の副修撰に抜擢されます。しかし,官としての通過儀礼をしていないとかいびられます。あと,イムはソ・ウォルヒャンが気になっているようです。もっとも,ソ・ウォルヒャンは判府事大監が無理矢理に側妻になるように行ってくるとか嘘をイムに吹き込みます。そうなるでそ?

そうこうしているうちに,中宗が病気になってしまいます。判府事大監は王世子を守るために譲位を朝廷の公論とするか考えます。これに中宗は自分が病気の間に譲位の公論を興そうとした判府事大監や王世子に疑惑を抱き怒ります。王世子はとばっちりを受けますが,親孝行の席藁待罪(ソッコテジェ) を嬪宮と後宮と一緒に行って譲位を取り下げるように請願します。結局,判府事大監が中宗に詫びを入れて事なきを得ます。なんとも王世子は血を吐いたり大変な目に遭いました。

正妻金氏が文定王后に取りなしくれたのにナンジョンは,正妻金氏を追い出そうとするナンジョンは尹元衡(ユン・ウォニョン)判官のいない間に間男を作ったとか兄のチョン・ジョンリムを利用してまたしても謀略にかけます。こんどは正妻金氏もこの謀略に気づき,ナンジョンを尹家から追い出されそうになります。ここに至って,ナンジョンは正妻金氏を毒殺してしまいます。

この件で判府事大監などがナンジョンを毒殺の疑いにより問招をするように朝廷で公論をおこします。この判府事大監のもくろみは文定王后が中宗に自ら問招するなどの活躍によりなんとか逃げ切ることに成功します。

posted by まったりな。 at 05:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック