2009年03月09日

小沢代表「辞めるべき」が57%,毎日新聞


毎日新聞の世論調査で,民主党の小沢一郎代表の公設第1秘書が政治資金規正法違反の疑いで逮捕された事件を受け,国民の57パーセントが辞任を求めているそうです。共同通信の調査だと61パーセントで,読売新聞の調査では53パーセント,朝日新聞の調査では毎日新聞と同様に57パーセントですね。情報弱者ばかりで極めて民意低いの日本国民なので,マスゴミは吹くラッパに踊らされるのが大好きだから,”辞めろ”コールがもっと多いと思ったのですけど意外な数字です。

面白いのは朝日新聞でも読売新聞でもぜんぜん麻生内閣の不支持率が変動しないで,7割をキープしていることですね。不支持率が7割の麻生総理が辞職しないのだから辞任要求が5割程度ならばたいしたことはないという田中真紀子衆院議員がテレビ朝日系の「サンデープロジェクト」で言ったことはもっともだと思います。だいたい有罪になったわけでもないに辞める必要はないでしょう。警察と検察が裁判所のような役割を果たすのはまともな自由主義国家とは言えないし。

イマイチよく分からないのは,”説明に納得ができない”7割以上いることなんですが,東京地検特捜部が捜査中で当事者である虚偽記載をした秘書が身柄拘束中なのに記者会見においてどういう説明を求めているのでしょうか。自民党の記者会見と違って民主党の記者会見は御用機関&検閲機関である日本独自の記者クラブ制度を採用していないので,誰でも入れるから聞きに行けばいいのに。

posted by まったりな。 at 08:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック