2009年03月11日

NY株急反発、シティグループの業績回復見通しを好感


事実上の公的管理下にある米金融大手シティグループの業績改善の報などを受けて金融株を主導に急反発し,ダウ工業株30種平均は,上げ幅は昨年11月24日以来約3カ月半ぶりの大きさの前日終値比379.44ドル高の6926.49ドルで終わったそうです。ナスダック総合指数は前日終値比89.64ポイント上がって1358.28で終了しています。新興国並みにギッタンバッタンですね。 

タグ:NY株
posted by まったりな。 at 10:30 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前引けは,前営業日比283.16円高い7,338.16円で,TOPIXは22.08ポイント上がって725.58ポイントでした。米国株高を好感して全面高の展開となっています。内閣府の1月の機械受注統計(季節調整値)は民間設備投資の先行指標の「船舶・電力を除く民需」は前月比3.2%減の7,183億円だった。まぁ国内の景気は政治がどうにもトロいし,民意を反映していないから何の影響もなっかたようです。
Posted by まったな。 at 2009年03月11日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック