2009年05月23日

日銀,景気判断を約3年ぶり上方修正


日本銀行が,金融政策決定会合を開き,景気判断を4月に示した「大幅に悪化している」から「悪化を続けているが,輸出や生産は下げ止まりつつある」に上方修正したそうです。政策金利の誘導目標は大方の予測通り,現行の年0.1%に据え置くことを決めた。景気については「景気は悪化のテンポが徐々に和らぎ,次第に下げ止まっていく可能性が高い」との判断を示しているそう。

なんかインチキ構造改革でも統計上に現れてくる数字は良かったからなぁ。実体経済に反映してくる前にサブプライム問題でどん底になったけど。まぁ,世襲利権政治家のインチキ構造改革のような事にならないといいのではないでしょうか。

posted by まったりな。 at 07:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック