2009年06月02日

DV被害のマレーシア・スルタン皇太子妃,自力で脱出


インドネシア人モデルのマノハラ・オデリア・ピノさんは,マレーシア・クランタン州のスルタン(イスラム世界における君主号のひとつ)のテメンゴン・モハマド・ファフル皇太子と結婚した。しかし,夫から精神的・肉体的虐待を受けていると訴えていたマノハラさんが,皇太子らと共にシンガポールを訪れた際に警察に保護を求め,無事インドネシアに帰国したそうです。

滞在先のホテルで部屋に立てこもって非常ボタンを押し,シンガポール警察に保護されたという。マノハラさんはすでに離婚訴訟を申し立てているが,インドネシア外務省は,マノハラさんが夫を虐待などで訴えるのであれば,支援する意向を明らかにした。日本の害無能省と違ってキチンと国民を保護する姿勢を打ち出しててまともな対応だと思います。というか日本の方が異常なのですが。

posted by まったりな。 at 06:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック