2009年06月16日

イラン大統領選,最高指導者が疑惑の調査命じる


イランの選挙の最終的管理権を持つ護憲評議会が大統領選で敗退した改革派のムサビ元首相と保守派のレザイ元革命防衛隊司令官の両者から出された選挙結果に対する異議申し立てを受理したと発表しています。12人のメンバーからなる護憲評議会は会議を開き,異議の申し立てについて協議するそうです。他にAP通信によると,イランの首都テヘランでアフマディネジャド大統領の大統領選「圧勝」に抗議する大規模デモの最中に,政府側の発砲で少なくとも1人が死亡した模様です。

posted by まったりな。 at 06:49 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大統領の再選に対する抗議デモで、7人が死亡、数人が負傷したというニュースを読みました。死傷した人びとは、市内の軍駐屯地を攻撃しようとしたとされているそうですが、本当にそうなのでしょうか?
 天安門事件のようなことが、イランでも起こっているのでは?
 とても心配です。
 武器をもたない市民のデモに、銃口が向けられるのでは、パレスチナで起きた悲劇の記憶とも重なります。
 イランの最高指導者の方が、両者の仲介に入って、なんとか事態を収めていただけないものだろうか?と願って止みません。
Posted by 通りすがりです at 2009年06月16日 17:53
イラン抗議デモで7人死亡 テヘラン
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/mideast/266923/
なんかまだ,デモなどが続いているようですね。投票の再集計なんかもやるらしいので,終結するといいな。
Posted by まったりな。 at 2009年06月16日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック