2009年07月10日

いつまで漂流するつもりなのかな。

政権を三代に渡ってたらい回しにして,どうも自公政権は日本を漂流させることにまったく関心が無く選挙の結果しか興味がないらしい。賞味期限の切れた自民党は,国民不在で七転八倒しているように見えるけどなんか錯覚を起こしているらしい。
錯覚だらけの自民党 (田中良紹の「国会探検」,THE JOURNAL)
このエントリーを読んで,東国原宮崎県知事を担ぎ出そうとしたり,また知名度を利用した選挙だけで,マニフェストとかぜんぜん関係のなく,しかもメディアジャックをして自民党に有利な展開にしようとしていた。利用されたメディアは情けない限りだけど,思惑通りにはいかなかったみたい。
お騒がせ結局そのまんま知事!?「逆風強い」(イザ!)

櫻井よし子,自民と東国原を痛烈に批判!!(イザ!)
自民党が何か錯覚して原因は,おそらく郵政選挙だと思う。メディアを巻き込んで政策なんて関係なく”なんとなく変えてくれる”だろうからと衆議院で3分の2を取ってしまったのを忘れられないだろうなぁ。”なんとなく変えてくれる”だろうという期待は馬鹿馬鹿しいと思ってみていたが,その後は厳しい状況が日本に続いている。なんとかなんか!と思うが難しいのかも。最近の情けない政治状況は,自民党の終焉を見ているようだ。どうせ散るならば,せいぜいかっこのよい散り際を演出しようとも思わないらしい。仮にも第2次大戦後(さいきん戦後というと湾岸戦争を想起する人が多いらしい)長く日本を運営して来た自民党にはもうそう言った気概すらないのか情けない。

参考リンク
アゴラ : 選挙に勝つことが政党の存在意義である - 矢澤豊
--------------------------------------------
パトラッシュ,疲れたろう。僕も疲れたんだ。
sent from iPAQ112

posted by まったりな。 at 17:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック