2009年07月14日

警察がウイグル人2人を射殺


ウルムチ市内でもウイグル人が住む地域でナイフを持っていたウイグル人2人を警官が射殺したそうです。ウルムチ市の発表では,同じウイグル人のなかの少数派グループに属する人物を襲撃しようとしていたという。他方,目撃者によると「彼らは大きなナイフで兵士たちに切りかかって撃たれた」と証言しているそうです。いまだに情報が錯綜しているようです。

国営の新華社によると,新疆ウイグル自治区政府は5日に起きた暴動による負傷者が1,680人に上ったことを明らかにし,12日現在で939人が入院しており,危篤が74人,重傷は216人,これまでに184人が死亡と報じています。とりあえず大きな騒動に発展する様子はないようですが,武装した市民が多いのでは秩序が回復されたとはとても思えません。もうウイグルへの圧力で押さえつけるのは止めてした方が良いと思う。

posted by まったりな。 at 11:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック