2009年07月17日

まだすったもんだをやっている。

高野論説をみると,なんか自民党という戦後日本を主導してきた政党がもはや沈みかかった船のように見える。以前にも書いたけれど"散るならばせいぜい美しく散ればよい”とは内部いると考えないのか。あるいは自分の選挙が気になって周りが見えなくなっているらしい。まぁ,組織選挙で強い公明党にオンブされてかろうじて載りきってきた麺もあるからそう言った心境になるのはやむを得ないか。
高野論説:都議選結果が示す「自民党大敗」の予兆(THE JOURNAL)

ところで,反麻生の動きは,民主党の読み通りに,内閣不信任決議案に自民党の造反が無く否決された時点で勝負が付いてしまった。
「公認外し、刺客立てる」中川、与謝野裏切りの報酬(イザ!)
これを読むと,なんか負け組に制裁として公認から外すとかまだガタガタをやっている。まさか郵政選挙を再びということでマスゴミが大喜びする刺客騒動を演出しようとしているのかな?錯覚がつづいているのかも。離党して新党を作るとかそんな気概もないくせに変なことをするのが悪いと言えばそうなのだけど,いつまで有権者不在の政治をやるつもりなのかな。

ということでタイムリーな企画がBATTLE TALK RADIO アクセス(TBS系22時から)であります。
結局,両院議員総会は開かれず麻生批判をした議員には「党を出て行け」の声。
自民党の反麻生勢力は離党した方がいいと思いますか?
★ゲストは、毎日新聞論説委員の与良正男さん
だそうです。

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: 開いた口がふさがらない。

posted by まったりな。 at 19:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック