2009年07月21日

DV被害訴えるモデル妻を名誉毀損で提訴


マレーシア・クランタン州のスルタン(イスラム王侯)王子妃となった元モデルのマノハラ・オデリア・ピノさんが,夫のトゥンク・テメンゴン・モハマド・ファクリー王子のもとから逃げ出し,性的暴行を受けたと訴えている問題で,王子側はピノさんとその母親デイジー・ファジャリナさんを相手取り,名誉毀損で1億500万リンギット(約28億円)の損害賠償を求める訴えを起こしたそうです。なんか訴訟で責任のなすりあいみたいな事になりそうです。かっこ悪いというか,情けないような気がします。

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: DV被害のマレーシア・スルタン皇太子妃,自力で脱出
プチ株とPDA・PCと。: 馬王子妃のDV被害、法医学者が虐待を確認

posted by まったりな。 at 12:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック