2009年07月27日

「高齢者は働くことしか才能ない」、麻生首相


麻生首相が横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合でのあいさつで,”高齢者は働くことしか才能がないので仕事を続けて税金を払うべきだ”という趣旨の発言をし,高齢者から怒りの声が上がっているそうです。この発言の主旨は,高齢者でもあっても働く意欲があって,働くことが可能であるから,そう言った場を確保することが必要だということのようです。

もっとも,そのような主旨であればキチンとその主旨が伝わるように話すべきなのだけどな。日本の政治家は永田町というムラに生息しているだけだから発言に無責任だし,言葉足らずが多いのかも。細田自民党幹事長がいうように「日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」というのが実体なのでしょう。でも,こちらの発言も真実だと思うけど,反自由主義・反民主主義という自民党の体質を表しているが衆議院の第1党の幹事長が言ったらおしまいでしょう。

posted by まったりな。 at 12:18 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こいつはどこまでバカなんだろうね!
Posted by humi at 2009年07月27日 13:01
解散のときの記者会見も本音を語っていないのか。口だけの謝罪では信用がドンドン失われますね。
Posted by まったりな。 at 2009年07月27日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック