2009年08月25日

「致死量超す薬剤」でマイケルさん「他殺」


AP通信によると6月に急死したマイケル・ジャクソンさんの検視を行ったロサンゼルス郡検視局が致死量を超える薬剤を投与したことによる「他殺」と結論づけたとしています。そして,過失致死容疑でマーレー医師の自宅などを家宅捜索し,刑事訴追される可能性があるそうです。他殺ですか,新たな疑惑が浮かび上がってきてなんか気持ちのいいものではないです。

posted by まったりな。 at 18:03 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイケルが薬をしだしたのは
マスコミのせいだとおもいますよ・・
性的虐待疑惑 整形疑惑(鼻とあごはしましたが)
全身皮膚移植疑惑(本当は尋常性白斑で肌が白くなったのです)など....
マイケルはストレスと戦っていました。
性的虐待疑惑のときに裁判にかけられたときにはすごく
痩せていて、1人じゃ立ち上がれない状態だったそうです。
そんな状態にしたのは誰でしょう。
マスコミであり、それを信じた私たちです。
マイケルは子供が大好きなので性的虐待疑惑のときのショックは
大きいですよね・・・

だから主治医が悪いとがではなく
噂を信じた人(マスコミやTV局の人)がマイケルを殺したようなものですよね。。
Posted by みく at 2009年08月25日 18:48
なるほど,子供への虐待が問題になり出してからなんか奇行が目立つようになっていましたね。6月に亡くなってからもなんかいろいろ書き立てられているように見受けられたので残念だなと思っていました。
Posted by まったりな。 at 2009年08月25日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック