2009年11月03日

内閣支持率は10ポイント減の61%

内閣支持率,10ポイント減の61%
共同通信社が行った全国電話世論調査によると、鳩山内閣の不支持率は22.9%だそうです。なんか麻生政権のときもそうですけどこの世論調査なるものは信用性がないのだよなぁ。少し面白いのが民主党が衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)実現の先送りや一部修正を「してもよい」とする容認派が68.0%で,「よくない」は24.7%だったところですね。今回の選挙は政権交代だけが望まれてマニフェストはあまり知られていないのかもしれません。なんか郵政政権のように選択の間違いをしているようなおそれがあるのかも?

その他, 鳩山首相の政治資金収支報告書虚偽記載をめぐる説明に「納得できる」は22.2%で「納得できない」は68.0%でなんか変だよな。民主党のマニフェスト冊子って子供でも分かるような簡単なことしか書いてないのにもかかわらず,まともに読めないような有権者ばかりなのに虚偽記載についての説明が納得できないのか。いくら説明しても納得できないし,許さないのではそもそも説明が無意味だと思うのだけど。この辺ところは小沢一郎民主党幹事長の西松違法献金と同じ。またマスゴミを通じた印象操作で簡単に世論誘導がなされることになるのかも。

他は,自民党の谷垣禎一総裁に「期待する」は37.0%で「期待しない」は53.4%で,代表質問の失点が響いているだけならよいけど,だんだん総選挙の敗因分析をチャンとしないとどんどん地盤沈下していくのではないだろうか。まぁ政権にしがみつくだけの政党だからとはいえ,与党ボケしている場合ではないと思う。保守が旗印になるとか時代錯誤なことを言っているからムリかも。だいたいなにを保守するのかも説明できないのだからなぁ。「責任力」とかが言っていたのは口先だけか。

posted by まったりな。 at 08:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック