2009年11月17日

「低姿勢過ぎる」と批判が?


「低姿勢過ぎる」 オバマ氏の天皇へのお辞儀に批判
初訪日したオバマ米大統領が14日に皇居で天皇,皇后両陛下と面会した際に深々とお辞儀したことが「低姿勢過ぎる」と米ニュースサイトで物議を醸しているそうです。大統領は国家を代表する存在として海外でも常に毅然とあるべきだか。

これに対して,オバマ政権側は米政治専門サイト「ポリティコ(Politico)」で,大統領は単に日本の慣習を順守しただけと説明し,この問題の政治化を試みる人びとの主張は全く的外れだと反論している。形式は馬鹿馬鹿しいことであるような気もしますが,それをして相手に不快な印象を与えないのだから別に問題にする必要はないと思うけど。よく日本の習慣を知る度量があるなぁと感心しました。とりあえず,オバマ大統領を応援しています。

posted by まったりな。 at 21:37 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック