2009年11月20日

同じ事をやっている。

「返済猶予法案」衆院通過,与党が本会議採決強行
民主党は国会改革を政策の一つとしていたはずなのに,自民党・公明党が与党だったの時にやっていた日程ありきの国対政治と強行採決をしているのはなんとかならんかなぁ。まず臨時国会の延長なしの日程重視になっている。自民党・公明党が「国会を軽視している」って避難するのは理解するけど,衆院での各委員会や参院本会議を欠席するらしいです。なんか自民党・公明党も野党だった民主党と同じ事をしているのも笑っちゃうなぁ。”責任力”とかいう意味不明な言葉をキーワードに2009年8月の総選挙を戦ったのを忘れたのかしらん。
ドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日ドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日

河出書房新社 2009-11-12
売り上げランキング : 106
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


鳩山首相と小沢氏、弱気な面?もちらり
によると鳩山首相が「あんまりこんなことをやっていると,国民はどういう反応をするかなあ」とぽつり。小沢民主党幹事長も「そうだなあ。昔は(重要法案採決まで)3泊4日,5泊6日もあったなあ」と応じたという。自民党・公明党のように居直っていないのだけマシです。でも気にするなら日程をもう少し余裕を持って組めば良いだけなのだけど。野党側は,玄葉光一郎衆院財務金融委員長に続き松本議院運営委員長に対する解任決議案も提出し,一方、与党側は衆院議運委で円滑化法案の緊急上程を賛成多数で決めています。

posted by まったりな。 at 06:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック