2009年11月20日

国会はどうしたのかな?

郵政法案など採決見送り インフルエンザ法案は委員会で可決
自民党・公明党は2009年11月20日午前から,与党が職権で開いた衆院の各委員会を欠席。法務委員会では裁判官報酬法等改正案など3法案,厚生労働委員会では新型インフルエンザ対策法案が自公両党欠席のまま民主党などの賛成多数で可決されました。民主・社民・国民新の与党は各委員会で可決した法案を20日午後の衆院本会議に緊急上程して採決することも検討したようです。しかし,野党からの「拙速審議」批判をかわすため開催を見送り,本会議採決を24日に延期しました。

まぁ野党しては審議拒否とか欠席しかできないので,良くやっているのではないでしょうか。評価しないのはマスゴミとマスゴミの垂れ流す情報を鵜呑みにする情報弱者だけでしょう。民主主義では少数派はとれる手段は極めて少ないのです。だからこそ多数派の良識と説明責任が厳しく問われる必要があります。まだ野党ボケしている民主党の国会運営がどうなるかが実は重要なのです。野党の自民党・公明党はしょせんは国民の多数から支持を得られなかった駄目な政党に過ぎません。

ということでタイムリーなテーマで,BATTLE TALK RADIO アクセス(TBS系22時から)があります。
本会議での採決を退席するなど対決姿勢を強める自民党。
あなたは、自民党の野党としての戦いぶりを評価していますか?
★ゲストは,毎日新聞論説委員の与良正男さん
だそうです。

タグ:国会 自民党
posted by まったりな。 at 18:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック