2009年11月25日

フィリピン南部に非常事態宣言


アロヨ大統領は不法な暴力行為の多発を回避することが目的として,フィリピンの南部マギンダナオ州での地元政治家の親族らを狙った拉致,殺人事件により,同州および隣接するスルタンクダラット州,コタバト市に非常事態を宣言しています。

被害者は,来年行われる州知事選の立候補を届け出ようとしていた地元政治家イスマイル・マグダダトゥ氏の夫人や側近、および親族のグループで,同行していたジャーナリストも多数含まれているそう。地元有力者で私兵集団も抱えているいわれるアンダル・アムパトゥアン現知事の関与がとりざたされているようです。

大統領府は国軍や国家警察を動員して,地域の治安を確保するとともに真相を解明することを明らかにしています。しかし,アンパチュアン現知事や知事一族はアロヨ大統領の有力支持者だからホントに真相が解明されるのかなぁ?

posted by まったりな。 at 08:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック