2009年12月16日

マレーシア宗教裁判所が「夫の元に戻れ」と命令


マレーシア・クランタン州のスルタン王子妃となったインドネシア人のマノハラ・オデリア・ピノさん(17)が,性的暴行を受けたとして夫から逃げた問題で,クランタン州のイスラム法高等裁判所がマノハラさんに夫の元に戻ることと夫への負債110万リンギット(約2,900万円)を返済するよう命じたそうです。宗教法に基づく裁判のようなのでまぁ結果がわかるのですけど,これって執行できるのでしょうかね。まだいろいろやっているところが国際裁判紛争の解決の難しさがなのかな。

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: DV被害のマレーシア・スルタン皇太子妃,自力で脱出
プチ株とPDA・PCと。: 馬王子妃のDV被害、法医学者が虐待を確認
プチ株とPDA・PCと。: DV被害訴えるモデル妻を名誉毀損で提訴

posted by まったりな。 at 09:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック