2009年12月30日

冬の空を眺めてみよう!

日本の歴史上初めて1月1日3時51分ころから4時53分ころに日本で最大で8%ほどの月食が見られるそうです。ちなみに2010年は元旦,6月26日(部分月食)と12月21日と3回月食が見ることできます。1年間に日本で月食が見られるのは100年に1度で次の機会があるのは2094年になるそうです。

三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群が1月3日深夜から4日未明にかけて極大(ビーク)となります。昨年と異なり月明かりがあって観測条件は悪いですが4日3時ころから6時ころに観察すると沢山見えるかもしません。輻射点(放射点)が北天にあり(観測できるのは北半球に限られる),北斗七星の下あたりを目印に見ると良いでしょう。

参考リンク
ほしぞら情報 トップ (2010年1月):国立天文台
ほしぞら情報 三大流星群の紹介2010年版:国立天文台

posted by まったりな。 at 06:19 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

とても楽しい記事でした^^
応援ポチッ!!
また遊びにきま〜す。
Posted by 占い at 2010年01月18日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック