2010年01月26日

覚せい剤でマレーシアで捕まった邦人が起訴された。

「邦人の覚醒剤持ち込み、高裁へ マレーシア」:イザ!
被告はアラブ首長国連邦ドバイから2009年10月30日にクアラルンプール国際空港に到着した際,スーツケースの中に覚醒剤4.6キロを隠し持っているのが見つかり逮捕されています。危険薬物不正取引の起訴手続きがクアラルンプール近郊の裁判所で行われ,裁判所は重罪のため慎重な審理が必要だと判断し,事件を高裁に移して公判を開始することを決定したそうです。死刑もあり得る重罪と分かって犯罪をしているのだろうからなぁ。イスラム教国などでは薬物犯罪は重罪であるのはよく知られた事実だし,実際に,2009年12月29日には中国に麻薬を密輸したとしてイギリス人が死刑の執行を受けたりしています。

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: マレーシアで日本人が覚せい剤密輸で逮捕,有罪なら死刑

タグ:マレーシア
posted by まったりな。 at 19:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック