2010年02月19日

マイクロソフトとヤフーという敗者の提携を米欧当局が承認 


米マイクロソフトと米ヤフーは米司法省と欧州連合の欧州委員会から、ネット検索・広告事業での提携につき,それぞれ承認を得たと発表した。インターネット検索・広告最大手の米グーグル(Google)追撃を狙い,ヤフーはマイクロソフトの検索エンジン「Bing(ビング)」を使用する一方、検索結果と広告の表示をカスタマイズする。ヤフーの検索プラットフォームはマイクロソフトに移され、ヤフーは両社の大口広告主への営業活動を担当することになりそうです。

パッケージソフトと販売に重きを置いてクラウド化でグーグルに水をあけられている米マイクロソフトとケータイに注力して失敗した米ヤフーはグーグルに追いつくとは思えないけどなぁ。マイクロソフトはWindows Phone 7の発表があったけどスマートフォンではiPhoneやBlackBerryに出遅れ,しかもさらに出遅れのグーグルの「Andoroid」OSに追い上げられている。こっちもマイクロソフトは勝てそうに見えないけど。

posted by まったりな。 at 12:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック