2010年03月23日

Googleが中国本土での検索サービスから撤退

「一企業が国家の権威に挑戦するのか」 中国メディアがグーグル批判
インターネット検索の米グーグルが中国本土での検索サービスから撤退して,香港を拠点とする同社サイトで検閲抜きの中国語版検索サービスを始めたと発表した。ユーザーが中国サイトgoogle.cnにアクセスすると,
google.com.hkに転送されます。「一企業が国家の権威に挑戦しても成功するはずがない」などと強く批判していたりしますが,グーグルは言論の自由が保障されない環境下で検索サイトを維持するのはむりだったようです。

中国における検索シェアはBaidu(バイドゥ)に大きく水をあけられているとはいえ,まだまだ経済成長が著しい中国本土での検索事業からの撤退はよい選択だったかは不明です。グーグルが使えないとかなり困るなぁと言うのがちょっと怖いと思っている今日この頃です。ちなみに,グーグルがをメインに使い,動画や画像はBaiduを使い,たまにBing(ビング)を利用しています。

参考リンク
Google Japan Blog: 中国における事業展開について

posted by まったりな。 at 06:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PDA・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック