2010年03月24日

米医療保険改革法が成立がオバマ大統領が署名


バラク・フセイン・オバマ大統領は,アメリカ政治上の長年の懸案だった,ほぼすべての国民が保険に加入することになる医療保険改革法案に署名し,同法が成立しました。総額9400億ドル(約85兆円)を投じ,現在は無保険状態の約3,200万人の米国民が新たに医療保険に加入し,65歳未満の保険加入率は95%に拡大するそう。あれ?自公政権が目指した医療制度ってアメリカのマネだったはずだけど,それが変革されてどう考えているのだろうな。ところでいわゆる先進国で国民皆保険制度がない国はなくなったことになりますね。国民皆保険から取り越される日本国民が増えていることに注視が必要だろうと思う。

posted by まったりな。 at 11:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック