2010年04月15日

「沖縄県民に配慮を」,米下院議員が普天間移設問題でアピール


鳩山首相は腰が引けているのかなんだか知らないですが全くリーダーシップを発揮していません。米国の下院議員のアピールがどの程度の効果があるのか分かりませんが,自公連立政権での失政により国民の分断がすすでいるなかこのようなアピールがあることはなんとかなく嬉しい限りです。鳩山首相には日米同盟が基軸であり続けるのかも含めて中長期的な立場から決断をして欲しいところです。

posted by まったりな。 at 15:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック