2010年05月29日

普天間基地移転問題でスッタモンダ

普天間基地移転問題でスッタモンダをまだしている。なんかだかなんぁ。
横路衆院議長、「普天間」で異例の政権批判
読売新聞のWeb版によると
沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「鳩山首相が『海外移転』と主張したのは正しい。問題は、海外移転を内閣全体で決めて米国と交渉してきたかというと、その気配がない。『米国と交渉したが、難しかった』ということなら、多くの国民が理解したと思う」と述べ、政府の対応に不満を示した
らしいです。

議長決裁権(憲法第56条第2項により国会で採決の結果が可否同数となった場合は議長の決裁により可決・否決を決めることができる権能)という重要な権能を持ち中立性が強く求められる衆院議長が特定の政策課題について意見を述べるのはよくないと思うのだけれど。どうも自分の立場をわきまえないような人が多いなぁ。

首相には「擁護すべき」主張がない 福島氏の痛烈な皮肉
自民党の機関誌でアメリカ奴隷主義の産経新聞のWeb版は社民党の暴走とか書いていたけど,
実現性の薄い案にこだわり続ける社民党の姿勢は無責任だという批判を免れない
とか。さすがアメリカ奴隷主義の自民党機関誌です。日本の民意とかぜんぜん関係ないのね。前にも書いたけど,日本の安全保障のためにどうすべきかという議論がキチンとされるべきであり,安全保障上の選択肢の一つとして日米同盟があるのを忘れているとしか思えない。何を言っているのかしらと思う。産経新聞は現状維持だけで他の選択肢はないと考えているようだ。

もう一つは,なんかなぁというは政策が変更されるのは別に問題はないわけです。自民党では選挙でマニュフェストがたくさん出てきたこともあるし,公約を守れとも思う。しかし,変更ができないというはおかしな話で,不磨の大典とかかれた大日本帝国憲法も実際に変更された。変更したことについての説明責任がなされているとは思えないことが問題だと思うのだけれど。

あと,意外な思いで見ているのは民主党の中で選挙目当ての鳩山おろしのような具体的な活動がいまのところ報道されないことです。多少は政権与党としての責任を自覚したことの成り行きであること信じたいです。選挙に勝てないからと首相を顔をコロコロと変えるような国民不在の自民党とは一線を画することができるのでしょうか。

参考リンク
福島みずほのどきどき日記 大臣罷免を受けての記者会見

posted by まったりな。 at 20:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック