2010年06月11日

亀井郵政・金融相の辞任し,後任を自見国民新党幹事長で調整


国民新党代表の亀井郵政・金融相が郵政改革法案の成立を次期国会へ先送りすることを理由に辞任しました。民主党・国民新党もともに選挙目当ての綱引きで何を考えているのかな。だいたい審議時間がないが分かっていながらこの茶番劇は何だ。国民を馬鹿にしているのではないか。国民新党の格好悪いことといったらどういうことです?公約が守られないからと連立離脱した社民党代表の福島瑞穂代表の潔い決断に比べて,辞任するけど連立は離脱しないって情けなさ過ぎる。

郵政・金融相は,とりあえず仙谷由人官房長官が兼務し,連立維持を求めている国民新党の意向を踏まえ自見庄三郎国民新党幹事長を起用する方向で調整しているそうです。参院選日程は6月24 日公示し7月11日に投開票で行われる。大島理森自民党幹事長が大臣がすぐに辞めるのは異常事態と批判していますが3年で3人も総理大臣が選挙もなしに替わる方が異常事態で,そのような異常事態をしていた自民党が批判をするのは恥ずかしくないのでしょうか。

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: 会期延長せずで国民新党と民主党の調整

posted by まったりな。 at 12:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック