2010年06月11日

菅首相の所信表明演説ですね。

所信表明演説って,政府の長が自分の考え(所信)を述べる演説です。日本では,内閣総理大臣個人の所信として,国政についての方針や重点課題を説明し,これに対して議席を持つ各会派は所信表明演説に対して代表者1名が代表質問(一般質問)を行うことになります。今回,総理大臣に就任した菅首相が初の所信表明演説をおこないました。

ところで,前回の選挙でマニフェストを掲げていたのに多くの部分で守られていません。それに期待して民主党および民主党の候補者に投票をした人にはなんと説明するのでしょうか?また,マニフェストはどうせできないけど政権交代による風通しがよくなるだろうと民主党に入れたまったりな。のような人に政治が変わったといえる度胸があるでしょうか。この8ヶ月ほど情報公開の天と事業仕分けしか評価できる点は全くありません。衆参同時選挙をすべきであると今でも考えています。

所信表明の全文が産経新聞のイザ!がみられます。
(1)「私の政治活動は市川房枝先生の応援から始まった」菅首相の所信表明
(2)「『官僚内閣制』でなく『国会内閣制』を」菅首相の所信表明
(3)「第三の道による立て直しを」 菅首相の所信表明
(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」 菅首相の所信表明
(5)「与野党の壁越え国民的議論を」菅首相の所信表明
(6)「税の番号制度導入を」菅首相の所信表明
(7)「『現実主義』基調の外交を推進」菅首相の所信表明
(8)「沖縄問題は感謝の念を深めることから」菅首相の所信表明
(9)「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」菅首相の所信表

動画で見たい方は,
Yahoo!みんなの政治 - 【政界動向】菅首相が所信表明演説
国務大臣の演説(所信) - 衆議院TV - 衆議院インターネット審議中継

posted by まったりな。 at 22:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック