2010年06月19日

ダライ・ラマ14世が来日


チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が,善光寺の招きに応じチベット亡命政府ガンデンポタンがあるインドから来日し,28日まで日本に滞在しして長野市の善光寺や金沢市・横浜市などで講演するそうです。日本政府当局者との会談は予定しないそうです。日本政府は中国の抗議にビビっているのかもしれませんね。

時事通信のWeb版によると非暴力主義や慈悲の精神を広めることが来日の目的だそうです。現代日本の若者にメッセージをという質問に答えて「日本の若者は英語を学び、中東やアフリカ、ラテン・アメリカなどへ積極的に赴き、その発展に大いに貢献すべきだ」とおっしゃています。

参考リンク
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

posted by まったりな。 at 17:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック