2010年06月30日

5月の失業率5.2%,景気回復の足取り弱く


総務省が29日に発表した労働力調査によると5月の完全失業率(季節調整値)は5.2%となり,前月よりも0.1ポイント上昇した。完全失業率は,労働力人口(就業者と完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合なんですけど,日本は外国と異なって統計の取り方が異なるので外国と同じように統計をとると10%を超えるのではないでしょうか。暴動が起こってもおかしくないのですけどね。

経済が良くなるようにすることが政治課題で監視も高いのですがどうも胡散臭いです。
まちがいだらけのマニフェスト選挙
自民党・公明党の連立政権による小泉インチキ改革からずっと間違っていた政策を執行してきたことになります。小泉インチキ改革を馬鹿にみたいに手を叩いて大喜びで支持してきた国民が悪いわけですけども。適度に政権交代をした方が緊張感を持って政治が行われるのではないでしょうか。

タグ:失業率
posted by まったりな。 at 05:32 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック