2010年07月06日

「はやぶさ」カプセル内に微粒子,小惑星由来なら快挙


宇宙航空研究開発機構(JAXA)が小惑星「イトカワ」から帰還した探査機「はやぶさ」のカプセル内にある岩石試料の収納容器に,直径0.01ミリほどの微粒子が2個,容器のカバーには肉眼でも見える同1ミリ程度のちり10個以上が見つかったと発表しました。地球の砂ぼこりなどが混入している可能性が高いために小惑星「イトカワ」のものがあるかどうか確認が必要で,小惑星の物質と確認できるとしても数カ月から半年後になる見通しだそうです。小惑星の砂が直接入手できれば世界初の快挙になり,物質を分析することにより太陽系形成への理解も深まると期待されています。

posted by まったりな。 at 04:51 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック