2010年07月16日

沖縄で不発弾902発見つかる

大戦時の不発弾902発 沖縄・糸満、陸自が回収
沖縄県糸満市真栄里の国道拡幅工事現場で手りゅう弾や迫撃砲弾など計902発が見つかっていたそうです。陸上自衛隊那覇駐屯地の不発弾処理隊が回収しています。糸満市では昨年1月14日に,水道工事現場でパワーショベルが接触した不発弾が爆発し,パワーショベルを操作中だった男性が重傷を負った事件がありました。沖縄は、太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となった県南部を中心に大量の不発弾が埋まっているとみられている。戦後60年経っても戦争の傷跡がそこかしこにあるのですね。

タグ:不発弾 沖縄
posted by まったりな。 at 06:34 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック