2010年08月11日

iPodナノの過熱発火事故、サイトに交換情報を明記


アップルジャパン(Apple Japan)は携帯音楽プレーヤー「iPod nano(アイポッドナノ)」のウェブサイトを更新し,充電中に加熱・発火する事故の報告が相次いだ初代モデルについて製品の交換に応じることを明記しているそう。

2005年9月から2006年12月の間に販売された第1世代iPod nanoのバッテリが過熱を起こし,使用できなくなる,あるいは変形するといった事例があるそうです。バッテリが実際に過熱した場合,アップルサポートに連絡のうえ,本体の交換手続きができ,第1世代iPod nanoを現在も使用し,バッテリについて不安を持つ場合も,アップルサポートでバッテリの交換手続きが行なえる。

参考リンク
iPod nano (1st generation):バッテリーが過熱する特殊な事例について

過去ログ
プチ株とPDA・PCと。: 爆発物でも平然としているアップル

タグ:ipod iPod nano
posted by まったりな。 at 21:17 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PDA・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック