2010年08月27日

死刑の刑場を公開。


死刑の是非をおいておいて千葉景子法務大臣の意向を受けて法務省は2東京拘置所内の死刑の刑場を報道機関に公開したそうです。まず,刑場を公開したのは記者クラブ所属メディアだけで所属していないジャーナリストなどには公開されないので真の公開とはいえない。適当に公開してお茶を濁している点で全く評価できませんし,そのような姿勢では死刑を国民的議論にするなんてちゃんちゃらおかしいです。もっとまじめにやろうぜ。

次に,死刑について国民的議論にしたいと言っても,千葉景子法務大臣が目指している死刑廃止に行き着くはずがありません。多くの統計調査によれば死刑存置の国民が大多数なのだからです。死刑廃止議連(死刑廃止を推進する議員連盟)の活動は死刑廃止にむけて積極的に活動しているにしても,国民の大多数が反対している以上,内閣・法務大臣などが政治的判断により政治生命をかける意気込みで廃止する法案成立目指さない限り無理なのです。今回もパフォーマンスで終わるでしょう。まぁ民主・国民新党連立政権では万事がこのていたらくです。情けない。

--------------------------------------------
パトラッシュ,疲れたろう。僕も疲れたんだ。
sent from willcom03

タグ:刑場 死刑
posted by まったりな。 at 20:08 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あとこれを見せることによって死刑の存廃を感情論の次元に落とそうとしてるのでしょうかね
Posted by イチヤ at 2010年08月27日 20:16
目的は感情論に訴えるつもりだと思います。しかし,刑場を公開しても光市母子殺人事件での遺族の会見などの方がぜんぜん心に響きます。なんかやっていることが効果的ではないし,遠回りですね。
Posted by まったりな。 at 2010年08月27日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック