2010年09月15日

政府・日銀が為替介入、6年ぶり 野田財務相


介入実施前には円相場は1995年5月以来,約15年3か月ぶりの円高水準となる1ドル=82.87円まで円高が進んでいたが,介入を受けて84.22円まで急落しています。政府・日銀は当面の介入ラインとみられていた83円を超える円高が進行したため,市場介入に踏み切った。政府・日銀の市場介入は2004年3月以来の約6年半ぶりとなる。遅すぎるし,規模が5,000億円程度になっているようです。

野田財務相は記者団に対して「為替相場の過度の変動を抑制するため,為替介入を実施した。今後もマーケットの動向を注視し,必要な時には介入を含め断固たる措置を取る」と述べた。財務省は15日10時30分に日銀に介入を要請し,10時35分から日銀が介入を実施しています。

posted by まったりな。 at 12:02 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック