2010年10月04日

小沢氏を強制起訴へ,検察審査会が「起訴議決」


民主党の小沢一郎元幹事長の政治資金をめぐる事件で,東京第5検察審査会は起訴すべきだとする「起訴議決」をしたと公表した。これにより小沢氏は,東京地裁が指定する検察官役の弁護士によって,強制的に起訴される。検察の2回の不起訴処分が,国民の判断によって覆されるという異例の事態ですね。

なんか公判が維持できるのか心配になります。なぜなら検察が2回も嫌疑不十分で不起訴にしているからです。また,検察への不信が明らかになりました。網検察庁なんて要らないですね。小沢氏側はコメント発表しています。産経新聞のWeb版によりますと
「この度の私の政治資金団体に関る問題で、お騒がせしておりますことに心からお詫び申し上げます。
私は、これまで検察庁に対して、私の知る限りのことは全てお話をし、二度にわたり不起訴処分となっており本日の検察審査会の議決は、誠に残念であります。
今後は、裁判の場で私が無実であることが必ず明らかになるものと確信しております」
というコメントだそうです。民主党の対応に注目しています。

posted by まったりな。 at 19:40 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック