2010年10月16日

「夫の性器を清めようと・・・」


オーストラリア・アデレードの裁判所は夫を「清める」目的で夫の性器を焼こうとし焼死させた妻に対し,故殺で有罪判決を下したそうです。これまでの公判内容によると,被告は2008年12月に「夫のペニスを清め,何か痕を残せば,夫は私のものになってずっと一緒にいてくれる」と考えて,夫の性器に火をつけようとした。ところが,この計画を夫が被告をあざ笑った上,口汚くののしったため,ガソリンを夫の背中にぶちまけて夫を焼死させたそうです。発想も怖いですが焼き殺すなんて怖いですね。新興宗教か何かの清めの儀式なんでしょうか。

posted by まったりな。 at 09:50 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック