2010年10月16日

尖閣衝突事件で在日中国大使館の前でデモ


沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関して,民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などが東京都港区で中国政府に抗議するデモ行進をした。警視庁によると約2,800人が参加したそうです。デモ隊は近くの公園に集合し六本木交差点などを行進。「尖閣は日本の領土」 「民主党政権は事件のビデオ映像を公開せよ」などと叫んで練り歩いたそうです。今回は日本の記者クラブメディアも取り上げているところが多いみたいです。外務省の記者クラブから追い出しを食うのではないかと思うのですけど大丈夫でしょうか。どうもネットウヨとか従来の右翼とは性質が違う社会運動に発展するのでしょうか。ネットウヨってぜんぜん実社会に影響がないネットコピペしている無意味な存在だし,従来の右翼って街宣車で騒音をまき散らすだけでやっぱり大して実社会に影響を与えない感じなんですけど。どうもデモとか従来とは違う感じがします。ちょっと注目に値するのかもしれないです。

posted by まったりな。 at 23:58 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック