2010年10月25日

チベット人学生ら数千人がデモ,中国語での学習強制に反発


反日デモが続く中国でですが,チベット族による中国政府への抗議デモがおこっているようです。中国語による授業を義務づける教育改革に対しチベット族が反発し,青海省チベット族居住区で火がついた学生による抗議行動が首都北京にも飛び火しているそうです。中国語が話せないため職に就けないチベット族が少なくないという現状からおこなわれた教育改革だったのだが,チベット族学生の目には「漢族文化の押しつけ」「民族同化の強要」と映っているようです。チベット独立を支援する国際団体「自由チベット」(本部・ロンドン)は中国当局がチベット語の“抹殺”を図っていると主張しているのだとか。社会不安を増幅させるデモが大きくなりそうです。

posted by まったりな。 at 12:06 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック