2011年01月03日

しぶんぎ座流星群が1月4日に極大

お正月の風物詩で,三大流星群(8月のペルセウス座流星群,12月のふたご座流星群)のうちのひとつであるしぶんぎ座流星群が1月4日の10時ごろに極大を迎えます。流星の出現数は年によってかなりムラがあり、どのくらい出現するのか予想するのが難しい流星群です。本格的に出現するのは午前3時以降で,その後は明け方6時頃に空が白み始めるまで観測することができます。早く起きて北の空を眺めるのがよいでしょう。今年は未明の時間帯は新月の闇で絶好の観測条件となりそうです。

参考リンク
2011年1月4日 しぶんぎ座流星群が極大 - AstroArts
#QUA - 国立天文台
しぶんぎ座流星群 - ウェザーニュース

posted by まったりな。 at 16:44 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック