2011年01月31日

政治資金規正法違反事件で小沢・民主党元代表を強制起訴


資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で,検察官役の指定弁護士が東京第5検察審査会の起訴議決(2010年9月14日付,同年10月4日公表)を受け,小沢一郎・民主党元代表を同法違反(虚偽記載)で起訴したそうです。強制起訴は4件目で,政治家の起訴は初めてだとか。今後は争点を絞り込むための公判前整理手続きが行われる見通しで,初公判は早くても今夏前後になるようです。この事件自体どうか考えても公判維持が出来そうにないのですけどねぇ。そのように考えたとしても裁判中は民主党から離党するのが政治家としてはよいのではないでしょうか。議員辞職は軽々に論じられませんが,無罪だと主張して刑事責任をについて争っている以上は,政治的・道義的責任とは区別されるべきで辞職する必要はないと思います。

posted by まったりな。 at 18:30 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック