2011年02月08日

アンドロイド,iPhone抜きシェア第2位に浮上 米国


米国のスマートフォン市場では、2010年第4四半期にグーグル(Google)のOS「アンドロイド(Android)」を搭載したスマートフォンがアップル(Apple)のiPhoneを抜き,1位のブラックベリー(Blackberry)に迫っている。アメリカだとまだカナダのリサーチ・イン・モーション(Research In Motion,RIM)が製造するblackberry(ブラックベリー)のシェアが高いようですね。Andoridのシェアが高くなったのはいろんな端末がたくさん出てきたからでしょうし,OSが無償なほかGoogleのサービスの相性がよいからだと思います。次の戦場はタブレットPCに移るのだろうと思います。

タグ:Andorid iPhone
posted by まったりな。 at 19:58 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック