2011年03月01日

リビア政府軍が反転攻勢か?

時事通信のWeb版によると
首都西郊で反転攻勢へ=部隊展開、部族と交渉も−リビア軍
【トリポリ時事】リビアの反政府勢力が首都トリポリ周辺に迫る中、最高指導者カダフィ大佐を支持する政府軍は1日、西部のナルトやザウィヤなどで反転攻勢の準備に入ったもようだ。政府側は、反政府勢力の支配都市周辺に精鋭部隊を展開させる一方で、地域の部族長らに支援を求める交渉を開始した。アラブ圏紙アルハヤトなどが伝えた。

ロイター通信などによると、チュニジア国境から60キロの町ナルト周辺には、重火器を搭載した政府軍の車両が集結。住民の間で緊張が高まっているという。

反政府勢力が実効支配する首都近郊のザウィヤでも政府軍が戦闘準備に入っているとみられる。近郊には、カダフィ氏の七男ハミス氏率いる精鋭部隊が攻撃を準備しているという。

カダフィ大佐は2月28日、英米メディアとのインタビューで米国などが求める即時退陣を拒否。あくまで反政府勢力に対し徹底抗戦する構えを崩していない。

なんか自体が混沌としてきたような気がします。リビアの現政権の事実上の指導であるムアンマル・アル=カッザーフィー氏を支持する政府軍はすでに反体制派が制圧した都市に対し相次いで空軍機を投入し吸収を行っています。徐々に勢力を立て直しており首都近郊のザーウィヤ,チュニジアとの国境付近の町ナルートや第3の都市ミスラタなどに軍を投入しています。これに対して周辺国やアメリカなどは軍事的な介入をするか協議を開始しているとロイター通信などが報じています。どんどん緊迫化していくようです。リビアがめちゃくちゃにならないかちょっと心配です。

なお,TBSラジオdigでは,22時から「アラブの狂犬・カダフィ。41年にわたる独裁政権に終止符は打たれるのか?」というテーマでリビア情勢についての現地リポートがあったりします。聞かなくっちゃ。

過去ログ
【写真特集】リビア反体制派、首都トリポリに迫る
リビア国連大使が亡命か?

posted by まったりな。 at 20:14 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック