2011年03月03日

ノーベル平和賞のユヌス氏がグラミン銀行総裁から解任された。


バングラデシュ中央銀行が,マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象にした20パーセントという比較的低金利(利子の総額は元本を上回ることがない。また,バングラデシュにおける貧困層向け高利貸の金利は200パーセントになることがある)の無担保融資を主に農村部で行っているグラミン銀行の創設者でノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏を,同銀行の総裁職から解任したそうです。ユヌス氏が2000年に総裁に就任した際に同行の株式の25%を保有する政府の承認を事前に得ておらず,国有企業の総裁就任規定に違反しているためと説明しています。どうもユヌス氏が野党的な活動(2007年に新党を発足させるなど政治活動を展開したこと等)を行っていることのみせしめような気もします。

posted by まったりな。 at 19:17 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック