2011年03月14日

HYBRID W-ZERO3を買って1週間ほど

定額プランGSのPHSにおけるパケット通信の無料に惹かれたこと,HYBRID W-ZERO3自体が手に入りにくいこと,ウィルコム最後のスマートフォンになるおそれがあることから機種変しました。RX430AL(黒耳)の差し込み口が下にあることから電波のつかみが悪いことは覚悟していましたが,やっぱりまったりな。でも電波が弱いなという気がします。さいわいウィルコムあんしんサポートに入っているので,ホームアンテナ[1x]のレンタル料金が0円/月になるので(しかも期間中に申し込めばずっと無料)を申し込むことで家では使えると思います。

少し驚いたのは東北地方太平洋沖地震で千葉県北西部にいたのですが,Willcomがすぐにつながるようになったことです。WILLCOMはマイクロセル基地局で一つの基地局がカバーする範囲が小さく基地局との通信で輻輳が起りにくいらしいです。また,WILLCOM同士の通話では基地局を収容するNTT収容局からNTT網を経由せずWILLCOM独自のIP網でバイパスしてるためだそうです。

ところで,IDEOSU300も使っています。HYBRID W-ZERO3では最初から3G通信のためにソフトバンクモバイル(SBM)が入っています。しかし,上限が6,000円近いこととエリアに難があることからU300を使っています。SIMフリーなのでキチンと設定さえすれば利用できます(「スタート」→「設定」→「接続」→「接続」を開き、「新しい接続先の追加」)。

たまたまHYBRID W-ZERO3に使うmicroSDHCが欲しかったので秋葉原に行きました。浜田電機株式会社のノンブランド16G(Class10)が2,480円と安かったので購入しました。いまのところ問題なく使えています。秋葉原はアンテナに恵まれているのかW-OAM Type-G(4x)が実力通りの力を発揮してU300よりも体感スピードが速いことが分かってまた驚きました(黒耳はW-OAM typeG対応なので光IP化エリアで約400kbps(理論値)のデータ通信が可能です。)。ウィルコムにはこれからもアンテナをあまり間引かないでがんばって欲しいです。

過去ログ
いまさらHYBRID W-ZERO3に機種変

posted by まったりな。 at 00:54 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | PDA・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック