2011年03月24日

一票の格差訴訟で違憲と最高裁判断

最高裁「違憲状態」判断、見直しに強いメッセージ
一票の格差が最大2.30倍だった平成21年の衆院選は違憲として,2つの弁護士グループが選挙無効を求めた計9件の訴訟の上告審判決で,最高裁大法廷は23日に,「憲法の要求する投票価値の平等に反する状態に至っていた」とし,選挙は違憲状態だったと判断した。9件の訴訟は,高裁段階で違憲判断が4件で,違憲状態との判断が3件,合憲が2件と判断が割れていた。

これまで最高裁は格差3倍未満の場合は「合憲」とする判断を繰り返してきたが,今回の判決は制度そのものが生む違憲性に言及して,数字だけでみれば合憲ラインの最大2.300倍だった選挙を違憲状態とし,「3倍ルール」とも呼ばれた合憲基準は失われたといえる。最高裁が衆院選について違憲状態との判断を示すのは,平成5年の大法廷判決以来で,現行の小選挙区比例代表並立制では初めてとなる。

判決は「1人別枠方式」がとられた経緯について,「現行の選挙制度導入の際,人口の少ない県の定数が大幅削減されることに配慮しなければならなかった」と,激変緩和の意味合いがあったと指摘し,その上で「最初の選挙から10年以上が経過し,もはや合理性は失われた」とした。また,付言で「合理的な期間内にできるだけ速やかに1人別枠方式を廃止し,区割り規定を改正するなどの立法的措置を講じる必要がある」とした。

posted by まったりな。 at 23:53 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック