2011年05月23日

アイスランドで最も活発な火山が噴火


アイスランドでは2010年4月にエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山が噴火し,噴煙で欧州の空の便に大きな影響が出ました。今回は,首都レイキャビクから東のヨーロッパ最大の氷河・バトナ氷河にあるグリームスヴォトン火山が噴火しました。グリームスヴォトン火山はほぼ10年に1回の間隔で噴火しており,今回の噴火は2004年以来の7年ぶりです。氷河の厚い氷の下にある火山であることから大洪水をもたらすのでどうなるか気になるところです。

posted by まったりな。 at 18:23 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック